障害・障害対応報告

現在確認されている障害の報告です。お客様にはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

Windows8.1において.NET Framework 3.5が参照できず、インストールがうまくいかない。

.NET Framework3.5の有効化【原因】
お使いの環境により.NET Framework 3.5が無効になっている。

【対処方法】
 [ コントロール パネル] の[ プログラムと機能」、[Windowsの機能の有効化または無効化]からMicrosoft .NET Framework 3.5.1のチェックをONにしてください。

レンダリング方式をGDI+にしてスライドショー実行中に、パソコンのディスプレイ切り替え操作を行うとアプリケーションエラーが発生する。

【原因】
プレジビジョン2プラスの障害です。

【対処方法】
次回マイナーバージョンアップ時に、原因となったソフトウエアバグの修正を試みます。
但し、期日は決まっておりません。

【回避方法】
下記設定、あるいは運用で本障害は回避できます。

  1. スライドショーのレンダリング方式をDirect3Dに切り替えてご利用ください。

    操作方法:

    「ツール」メニュー>「オプション」より、右(スライドショー)列上部の「レンダリング方式」を、「GDI+(低品質・低負荷)」から、「Direct3D(高品質・高負荷)」に切り替えます。
    この切替ができた場合は、常にこのままご利用いただくことをお勧めします。
    なお、ご利用のPCがDirect3Dに対応していない場合、この切り替え操作はできません。
    この場合は、下記2.の方法で本現象を回避してください。

  2. レンダリング方式をDirect3Dに切り替えられない場合、運用で回避してください。

    操作方法:

    スライドショー実行中はディスプレイ切り替え操作を行わないでください。
    すなわち、ディスプレイ切り替え後にスライドショーを実行し、スライドショー終了後は、編集画面に戻ってからディスプレイを切り替えてください。

このページの先頭に戻る